岐阜市×東京カメラ部|カメラと旅する岐阜市

時

~ 特別な時間 ~

早朝、夕方、夜のひと味違った「特別な時間」の岐阜市は、
想像もつかない美しさをみせてくれます。
ほかの人とは違う、あなただけの時間を見つけてみては。

東京カメラ部10選 小林淳の作品 東京カメラ部10選 別所隆弘の作品

Sunrise and Sunset from Nagara River Promenade
長良川プロムナードからの朝日と夕陽

時計のアイコンおすすめの見頃 スマホのアイコンスマホ撮影もオススメ!

日の出前30分~ / 日没前30分~

岐阜市の中心を流れる、岐阜市を象徴する川。川沿いはその風景が楽しめるよう、1.3kmにわたって遊歩道(プロムナード)が整備されている。長良川プロムナードでゆったりと流れる時間を感じながら迎える朝や夕暮れは幸せなひと時と言える。

JR岐阜駅または名鉄岐阜駅から長良橋、鵜飼屋等方面バス乗車。長良川うかいミュージアム(有料駐車場あり)から徒歩5分

カメラのアイコン撮影ポイント

川幅が広く東西に走っているため、日の出狙い、夕景狙い、どちらにも適した珍しいスポットだ。川の流れが穏やかで風のない日は、岐阜市のシンボルである金華山や岐阜城、鵜飼で使う鵜舟が水面に「リフレクション」する光景も撮影できる。リフレクションはカメラをなるべく下に下げると撮りやすい。

指のアイコン撮影マナー

川沿いの散歩やランニングを楽しむ方もいらっしゃいます。周囲に気をつけて撮影しましょう。
河川の氾濫等、自然災害の危険がある場合は絶対に近づかないでください。

東京カメラ部10選 小林淳の作品 ぎふ長良川の鵜飼 東京カメラ部10選 小林淳

Gifu Cormorant Fishing on the Nagara River
ぎふ長良川の鵜飼

時計のアイコンおすすめの見頃

5月11日~10月15日
18時00分頃~長良川プロムナードでの準備
19時45分~鵜飼漁

【観覧船出船時間】
18時15分~
18時45分~
19時15分~

鵜飼とは、鵜を巧みに操って川にいる魚を獲る漁法のことで、特に長良川鵜飼の歴史は古く、1,300年以上前から行われていたといわれる。毎年5/11~10/15の期間中、毎夜行われており、長良川プロムナードや鵜飼観覧船(要予約)からも撮影を楽しむことができる。

鵜飼観覧船の予約はこちら ⇒ HPを見る
鵜飼の流れこちら ⇒ 動画を見る

岐阜バス長良橋方面行きで15分、長良橋下車すぐ

東京カメラ部10選 小林淳の作品 東京カメラ部10選 別所隆弘の作品
カメラのアイコン撮影ポイント

長良川の右岸からや左岸からも、長良橋からやもちろん観覧船からと、様々な角度から撮影できるので自分だけの一枚を撮影して欲しい。しかし、暗闇の中で動く被写体ということで、撮影難易度は高いと言える。明るいレンズ(F値の小さいレンズ)を使用し、ISO感度を高めに設定して撮影するのがポイント。
シャッターチャンスは、鵜飼漁のシーンやフィナーレの鵜舟6艘がからむ「総がらみ」だけでなく、長良川プロムナードでの鵜舟の準備の様子など様々だ。

指のアイコン撮影マナー

鵜飼を観覧される方の迷惑にならないよう、周囲に気をつけて撮影しましょう。
夜間の撮影となりますが鵜飼の妨げにならないよう、フラッシュの使用は控えましょう。
撮影した写真の商用利用は控えましょう。

東京カメラ部10選 小林淳の作品 東京カメラ部10選 小林淳弘の作品

Gifu Castle with the Moon
月と岐阜城

岐阜市にそびえる金華山(きんかざん)の頂上近くに築城された、岐阜市のシンボル。かつて斎藤道三や織田信長が居を構えたことでも知られている。日本でも有数の高さに位置し、下から見ればはるか高くに城を望むことができる。

カメラのアイコン撮影ポイント

岐阜城は金華山の山頂に建つ山城で、何キロも離れたところから撮影できるのがポイントだ。月の軌道を調べることのできるアプリなどを使用し、あらかじめ月が岐阜城と重なるポイントと時間を調べておく。城から遠く離れることで城を小さく撮影し、対象の月を大きく見せることができる。
撮影には超望遠レンズとブレに強い剛性の高い三脚がオススメ。また、ブレにはシビアな被写体のためシャッターは手押しではなくリモコンを使用する。

指のアイコン撮影マナー

一般の方の迷惑にならないよう、交通マナーや安全に十分に気をつけて撮影しましょう。

東京カメラ部10選 別所隆弘の作品 東京カメラ部10選 小林淳の作品

Sunset from Gifu Castle
岐阜城からの夕日

時計のアイコンおすすめの見頃 スマホのアイコンスマホ撮影もオススメ!

日没前30分~

岐阜市にそびえる金華山(きんかざん)の頂上近くに築城された、岐阜市のシンボル。かつて斎藤道三や織田信長が居を構えたことでも知られている。日本でも有数の高さに位置し、上から見れば、眼下に岐阜の街を一望できる。期間限定で開催される「岐阜城パノラマ夜景」の開催期間中は、頂上へ向かうロープウェーで、岐阜城の天守閣から濃尾平野の夜景を楽しむことができる。入館料:大人200円、小人100円。

その他詳細はこちら ⇒ HPを見る

JR岐阜駅または名鉄岐阜駅から長良橋方面バス乗車。「岐阜公園・歴史博物館前」下車し、徒歩3分の岐阜公園内の金華山ロープウェーに乗車。金華山ロープウェー山頂駅から徒歩8分。

カメラのアイコン撮影ポイント

天守閣展望スペースからは濃尾平野を一望でき、特に夕暮れ時の眺めは素晴らしい。画角に岐阜城の瓦と長良川を配すことで、岐阜城ならではの一枚となる。期間限定で開催される「岐阜城パノラマ夜景」での夜景や、冬場の雪景色など、季節毎に違った眺望を楽しめる。

指のアイコン撮影マナー

一般の方の迷惑にならないよう、周囲に気をつけて撮影しましょう。また、城内での三脚の使用は禁止されています。

東京カメラ部10選 Tatsuki Itoの作品 ぎふ灯り物語 ~アート&ヒストリー~ 東京カメラ部10選 Tatsuki Ito

Gifu Akari Monogatari - Art & History -
ぎふ灯り物語
~アート&ヒストリー~

スマホのアイコンスマホ撮影もオススメ!

鵜飼オフシーズンの魅力創出を目的として、且つ観光庁「あたらしいツーリズム」の一環で、2021/1/30~2021/2/7に岐阜公園と川原町広場にて開催された、岐阜和傘や岐阜提灯を美しく幻想的に彩る灯りイベント。
岐阜県岐阜市周辺は、和傘の国内生産の約7割を担う一大産地です。

※令和3年度以降の実施については未定。

動画はこちら ⇒ 動画を見る

JR岐阜駅から長良橋方面行きバスにて約15分。バス停「岐阜公園歴史博物館前」下車。

東京カメラ部10選 小林淳の作品 東京カメラ部10選 Tatsuki Itoの作品
カメラのアイコン撮影ポイント

基本的には夜間の撮影になり、三脚が使用できるポイントも限られているので、明るいレンズ(F値の小さいレンズ)を使用し、ISO感度を高く設計することで、十分手持ち撮影も可能である。和傘や提灯など、伝統工芸品そのものの美しさを感じることができ、和紙や竹の骨組みにフォーカスして撮影するのもよい。

写真家紹介

小林淳のプロフィール写真
Atsushi Kobayashi
小林淳

東京カメラ部10選
岐阜県在住。建築士の傍ら、写真の世界に魅せられて、「家族のいる風景」をテーマに撮影をはじめる。
写真を通じて、家族との時間を美しく記録することと、地元・岐阜の魅力を伝えていくのがライフワーク。「岐阜城に昇る月」の作品などがTVやWEBニュースなど各メディアに多数取り上げられるなど反響は大きい。近年では岐阜市との共催で写真展「本気岐阜(マジギフ)展」、「本気彩郷(マジサイキョウ)展」や、山県市巡回写真展「風光明媚」、そして個展「家族のいる風景」を開催し人気を博した。国内フォトコンテスト審査実績多数。一級建築士。

別所隆弘のプロフィール写真
Takahiro Bessho
別所隆弘

東京カメラ部10選
フォトグラファー / 文学研究者。National Geographic社主催の世界最大級のフォトコンテストであるNature Photographer of the Year “Aerials” 2位など、国内外の写真賞多数受賞。写真と文学という2つの領域を横断することで新しい表現領域を模索する。滋賀、京都を中心とした”Around The Lake”というテーマでの撮影がライフワーク。

Tatsuki Itoのプロフィール写真
Tatsuki Ito

東京カメラ部10選
岐阜県在住。工場夜景の撮影をきっかけに風景写真にのめり込む。その後『岐阜城と月』や『四日市工場夜景』でのテレビ出演や多数の自治体、企業への作品提供を行う。ドローンを使った撮影スタイルも近年得意としており、ドローンメーカーDJIのプロモーションなども担当。全国工場夜景フォトコンテスト最優秀賞をはじめ、コンテスト受賞歴多数。